正解が見通せない時代に必要な、周囲を巻き込み自ら未来をつくる
「心を動かすリーダーシップ」を培う研修プログラムです。


なぜ今、
心を動かすことが大切なのか?

  • 入山章栄さん

  • 未来を生み出すためには、ストーリーで周囲をセンスメイクすることが必要。

経験から未来を予測できない現代においては、未来はつくるしかありません。データや理屈で客観的な正しさを示せない今、周囲を巻き込むためリーダーに求められるのが「心を動かす」という素養です。主観的に物語ることで、周囲の腹落ちを促すことがますます大切になってきています。

腹落ちを実践するプログラム
「SHIMA-NAGASHI」

非日常の離島「海士町」をフィールドとして、豊かな自然やリアルな社会との交流を通じ、三段階の腹落ちを実践するプログラムです。周囲の心を動かすストーリーの原点となる「自分」への腹落ち、そして社会や会社との重なりへの腹落ちを進め、周囲への腹落ちを実践します。

  • My Story
    への腹落ち

    自分はなぜ行動するのか?

  • Our Story
    への腹落ち

    社会・会社を通じて
    どんな未来をつくりたいのか?

  • Your Story
    への周囲の腹落ち

    正解は分からないけど、
    あなたと一緒に未来をつくりたい

腹落ちはどうすると起こるのか?

  • 自然や人との交流によって身体に眠った暗黙知が呼び起こされる。それを言葉にして話すことで自分への腹落ちが進む。

  • 入山章栄さん

「身体知・内省・対話」
このサイクルで腹落ちが進みます。

海士町という場所は自然豊かで身体知を得やすく、離島という隔絶された環境が内省を促進します。また、自然体で素直に語る人が多くいるからこそ安心感の中で対話をし、自分の想いを言葉にすることができます。

①身体知:身体の感覚・感情など暗黙知を豊かにする

②内省:自身にあるものをふりかえり、自分が何をしたいのかを考える

③対話:人との対話を通じて暗黙的に持っているものを言語化し取り出す


参加実績

  • 味の素
  • サントリー
  • トヨタ自動車
  • 三菱重工
  • カインズ
  • JT
  • パーソルホールディングス
  • リコー
  • Google
  • ソフトバンク
  • 日立製作所
  • ロート製薬
  • など
  • 味の素、カインズ、Google、サントリー
  • JT、ソフトバンク、トヨタ自動車
  • パーソルホールディングス、日立製作所
  • 三菱重工、リコー、ロート製薬 など

詳しく知りたい方へ

入山章栄さんによる
SHIMA-NAGASHI解説動画

次回開催予定

  • ① 2022年9月13~16日(3泊4日)
  • ② 2022年11月15~18日(3泊4日)

※1回あたり3~4社の複数社混合研修となります
(1社あたり最大4名)

お問い合わせ

SHIMA-NAGASHIにご興味をお持ちの方は、個別にご相談ください。

お問い合わせフォーム